送迎付きで行く日帰り黄金崎ダイビングツアー

2020/06/20(土)黄金崎

まいどー‼️ちゃんみかです(*^^*)

今日は大船駅に6:35着の電車集合で
西伊豆の黄金崎の海へ行ってきました。

本日のリクエストは、久しぶりのダイビングということもあり、まったりビーチポイントで潜ってきました。
 

新型コロナウィルスの緊急事態宣言もあり、皆様が久しぶりとなっています。既に夏のような海になっていて、魚影も濃く、わーーーーーーっと泳ぎたくなる海です♪
ちょこっと久しぶりの海で緊張しちゃいがちですが、海に入っちゃえば余裕(^^)身体が覚えているもんですね!自転車と一緒ですw一度身体が覚えてしまえば、潜っちゃえば自然と身体が動くものですね。そうなるまでは、出来るだけ定期的に潜るようにしましょう。

ここで一つ、ポイント選びで迷うのが、慣れている、または行ったことのあるダイビングポイントを選ぶか、ビーチポイントでも初めて潜るダイビングポイントを選ぶか。

 

ガイドについていく場合であっても、知ってる海か、知らない海かで、緊張感も違うのではないでしょうか。また、久しぶりのダイビングに対する緊張感も、人それぞれ違いますね。
当店では、少人数で、スタッフ1人でこじんまりのんびりとやっておりますので、ご不安やご要望など何なりとお申し付けください。

 

ちなみに、黄金崎の海はリピーターも多く、初心者の方からベテランさんまで、楽しめる海となっております!
ロケーションも良く、ほんと、良い休日時間を過ごせるのではないでしょうか♪

 

では海情報です。

まず1本目は砂地の方へ

①ビーチ

水温:20~22℃
透視度:12~15m
最大水深18m 平均水深10.7m
ダイブタイム:45分

黄金崎で潜られている方はご存じの通り、ここでは大ちゃんという大きなマダイがいます。
今日もそばまで来てくれるかな~と会えるのが楽しみになります。
そんな会話を交わしながらエントリーです。

スノーケルを咥えて、BCに空気を入れて、足元に気を付けながら、波のタイミングを見てエントリーです。
思っていたよりも透視度もよく、青くテンションが上がりました♪
まずは水面移動で、水深3mぐらいのところまで移動。それから、呼吸を整えて、お客様のOKサインが出たら潜降開始です♪

 

気持ちのいい海中散歩の始まりです(^。^)
まずは、砂地方面へ♪
砂地生物は砂の中に隠れちゃう子も多いので、アプローチの仕方を事前にお話し済。この時に、アプローチ方法だけでなく、退散の仕方もお話済。よく見かけるのは、写真を撮るまでは気にしていたのに、撮り終わったあとは、そのまま頭上を通り過ぎていったり、フィンキックで巣穴を壊してしまったり…
アプローチや退散方法をちゃんとすることは、あくまでも、自分たちが見るためだけでなく、海の住人に迷惑をかけないためです。私たちは陸上の生物なので、常にお邪魔させていただきます!の気持ちを忘れないようにしましょう。その為にも、自分の安全の為だけでなく、しっかり自分をコントロールできるスキルを身につけましょう。

この日も、アプローチに気を付けて、
ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、チンアナゴ等の会ってきました!
ネジリンボウは、黄金崎のアイドル的な存在で、いつもいてくれます♪チンアナゴが個人的にはテンションがあがりましたね(^^)
小学生の頃、ムーミンのニョロニョロの絵が描いた下敷きを使っていました(ニョロニョロはチンアナゴじゃないらしいです…今ググって知りました(^_^;))
チンアナゴはここ数か月いるみたいです♪南国で見られるチンアナゴ。群れでいることが多いと思いますが、ここでは1個体だけ…寂しくないのかな。海の中は不思議がいっぱいです✨

他にもトビエイに会えたりとラッキーでした♪

②ビーチ

水温:20~22℃

透視度:10~12m
最大水深18m 平均水深8.9m
ダイブタイム:45分

2ダイブ目は、ゴロタ沿い(岩場)へ♪
2ダイブ目は、白っぽくなってしまい、1ダイブ目よりは透視度が落ちてしまいました。

黄金崎ドーム(洞窟)は、波があり厳しそうだったので、近くまでは行ってみましたが諦めました。ダイビングは安全第一で。ゴロタ沿いを魚の群れを楽しんでいると、いつ振り返っても、ゲスト様が増えて…

ちょこんと、一緒に並んでついてきているではありませんか。以前も大ちゃんは、洞窟手前まではついてきて、さすがに洞窟までは来ないけど、洞窟の前で待っていて、また合流する!なんてことがありました。
でも、今回は大ちゃんは、今日は無理でしょ!?と悟ったのか、途中で離脱されてしまいました…

最近では、他のチームの所へいってしまう大ちゃんを見ると嫉妬してしまいます(;_:)
ダメですね(*_*)大ちゃんは皆の大ちゃん!黄金崎のアイドルです(^。^)

今日もまったり、大ちゃんと絡みながらのんびり遊んできました♪

今日もありがとうございました(^^)/次回も宜しくお願いします!

********************************

では、本日のスキルアップアドバイスです。

今日のような砂地ポイントでは、しっかり流線形がとれて泳げているかが、すぐ分かります。また、肺のコントロールの練習にもなります。2点を容易にすためには、やはり、適正ウエイトが重要になってきます。

適正ウエイトであれば、体験ダイビングの方でも、流線型を取ることが可能です。

自分が流線形を取れているかは、一度振り返ってみてください。砂を巻き上げていませんか?砂を巻き上げることは、他のダイバーの視界を悪くさせるだけでなく、巣穴を壊してしまっている可能性もあります。
ダイバーたるもの、人や海の住人達に迷惑かけないようにスキルアップしていきましょう。

何度もお伝えしていますが、まずは、適正ウエイトを再確認しましょう。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

090-4497-0725

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談

090-4497-0725

フォームでのお問合せは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

概要

住所

〒252-0812
神奈川県藤沢市西俣野392-15
TEL&FAX: 0466-51-0073

集合場所一覧

スケジュール

  • ◎空きあり 各コース受付可
  • ○空きあり リクエスト可
  • △お問合せ下さい
  • ×満席・講習・貸切等の為受付不可

カレンダー上にポイントの記載がない場合、基本的にリクエストが可能となっております

ダイビングスポット紹介

東伊豆エリア

西伊豆エリア

南伊豆エリア

神奈川エリア

  • 城ヶ島
  • 江の浦
  • 福浦

千葉エリア

  • 勝山
  • 波左間
  • 西川名
  • 伊戸

各ダイビングスポットによって、最少催行人数、ランクや必要経験本数があります。

よくあるご質問